箔押し・エンボス加工で高級感を演出

印刷物を演出する上では欠かせない技法として箔押し・エンボス加工があります。
貴金属を思わせるようなメタル系の箔や、イメージに合わせて色を選べる顔料箔は、エンブレムを平坦な紙の上でも存在感のあるものにします。また、エンボスで押された模様は、さりげなく存在感をかもします。
この加工は、ワンポイントでもしっかり魅せる事ができるので、上品で高級感を演出します。

箔押し(ホットスタンプ)とは?


箔押し加工とは、箔を熱と圧力で紙に転写する工法です。
箔の種類は、金・銀等のメタリック箔を中心に、赤青黄色等の顔料箔、ホログラム箔などがあります。
箔の持つ独特な風合いが、印刷では表現できない高級感や華やかさを演出します。

箔押しで印刷された名刺。活版印刷のような風合いが重厚な雰囲気をかもしています。
箔押版です。機械にセットして箔を紙に転写させます。
箔のロールです。種類がたくさんありますので、イメージに合った箔をお選びいただけます。

エンボス・デボス加工とは?


エンボス加工は、凸型と凹型の版でプレスし、浮き出しにする工法です。
エンボスとは逆で、凹ませる工法をデボス加工と言います。空押しとも呼ばれており、箔押しの要領で凸型の版を紙にプレスし、模様を凹ませて表現します。
どちらも立体的で存在感はあるものの、控えめでエレガントな印象です。特殊紙の持つ美しい質感を最大限に引き出します。

ロゴマーク部がエンボスになっています。
凹版。下から押し出された部分を受ける側の版になります。
凸版。圧をかけた時に、この版が紙を押し出します。

加工例


加工の工程


1.箔版の製作手配
お客様との打合せ後、金属の板にデザインを型取った箔版を手配します。

2.箔押し機の準備調整
機械に箔版をセットし、箔と紙質の相性などを見て圧のかけ具合の調整などを行います。

3.一枚ずつ手差しで加工
弊社ベテランのスタッフが一枚一枚仕上がり具合を確認しながら丁寧に加工作業を行なっております。

箔押し機です。箔押し、エンボス共にこの機械で加工します。

型抜き機の動画